MENU

 掲示板を使ってやりとりをした24歳の女性、すぐに五反田で関係を持つことが決定をしました。
特に条件があるような関係だから、出会いが早いのも当然なのかもしれません。
初めてこのような関係を作ることになって、かなりの期待感を膨らませてしまっていました。
若い女性の肉体を利用した性処理、激しく興奮することは間違いがありません。
五反田駅を降りてバス停がある場所で待っていると、メールが届きました。
そして、やりとりをした相手と無事に顔を合わせることができたのです。
これであとはホテルに入れば、彼女の肉体でバンバンと楽しむことができるとにやけ顔が止まりませんでした。
ホテルまで移動していき、ホテルの門をくぐろうとした時の事でした。
「われ!!わしの女となにしとるんや、ぼけぇ」
烈火のごとく怒った男が怒鳴り始めたのです。
そちらを見るといかにもヤクザ風の男が、物凄い形相で近寄ってきて掴みかかってきました。
「わしの女とどこいくつもりじゃった、われぇ」
あまりの出来事に体がすくんでしまって、言葉すら発することができませんでした。
物凄い勢いで怒鳴り散らしてくるし、女性の方はどこかに消えてしまうし、恐喝され全く話をするような状況でもありませんでした。
「落とし前つけてもらおうやないかい」
詫びる以外に方法がなかったのですが、それでは許されないというのです。

それなりのものを支払えと言われて、財布の中身を渡すように言われました。
その時6万円も持っていたのですが、全てを渡すのにはやはり抵抗があったために一枚だけ残して5万円を手渡す形になりました。
そうすると相手も引きさがってくれて、逃げるようにその場を離れて電車に乗りました。
あれだけ膨らんでいたセックスへの期待が、恐怖へ変わってしまったのです。
とにかく落ち着こうと思って一杯飲みに居酒屋に入り、軽く酒を煽った後に帰宅しました。

 

安全な定番サイト登録無料
割り切りサイトBEST5
素人同志で安心して割り切り交渉が出来る有名なサイト